Cosmestic

我慢しない

年齢を重ねた女性に多く見られる症状として、「更年期」があげられます。イライラすることが多くなる更年期ではありますが、それを「我慢」する必要は、まったくありません。

Enter

セルフチェック

とてもつらい更年期障害にお悩みの方はこのサイトを見てみましょう!きっと改善策が見つかりますよ!

更年期障害は誰もが訪れる可能性のある期間のことをいいます。更年期障害だと実感する人もいれば、症状が重くなく実感せずにその期間が過ぎてしまう人もいます。症状が重い人は、日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあります。人によってその症状や重さは異なりますが、もしかして自分は更年期障害なのかもしれないと思い当たった人は、自分で簡単なセルフチェックを行ないましょう。

主に更年期障害といわれている症状を把握することで今の自分にあてはまるかどうか判断することができます。多くの人が悩まされているのが、だるさや疲れやすい、のぼせやほてり、手足の冷えなどの症状です。その他にも腰痛や肩こり、頭痛、めまいといった体調不良も挙げられます。また、気持ちの変化としてイライラや不安感などの症状も更年期障害に当てはまります。日頃はなんでもないようなことでもイライラしやすくなったという場合は、ストレスと同時にこの更年期障害が疑われます。

更年期障害は主に40代を過ぎ、閉経した女性に起こる症状です。しかし、最近では男性の更年期障害も多く見られており、筋力の低下やうつ、イライラしやすくなるなどの症状が挙げられます。また、性欲が減少し、EDになるなどの性に関する症状も見られることから、女性の更年期障害同様、男性の更年期障害も問題視されています。しかし、男性も女性と同じように更年期障害になる人とならない人がいます。上手にストレスの発散や体調管理ができれば更年期障害は発症しにくくなります。その方法として、適度な運動やストレスを貯めこまないように気をつける、または環境の変化に適応するなどの対策が適切です。

危険な耳鳴り

耳鳴りや難聴が続く場合は注意が必要です。場合によっては突発性難聴になる危険やメニエール病の疑いが考えられます。薬物療法や手術などで改善できるため、思い当たる人は受診する必要があります。

Enter

イライラする更年期

中高年の女性に多く見られる更年期は、イライラしやすくなる、落ち込みやすくなるなどの症状を伴います。そんな自分に嫌気がさし、より悩みうつ病を発症してしまう恐れもあります。

Enter